専門家に相談するにはどんな準備が必要ですか?

債務整理に必要な準備

借金問題を専門家に依頼して解決しようと思ったら、まず無料相談などを利用しますよね。
そんな時にはどんな準備をしていったら良いのでしょうか?
専門家といってもあなたの借金の事を全部分かっている訳ではありません。
出来るだけ判断材料が多い方が、よりよいアドバイスが出来るようになりますよ。

 

借金に関する情報について

債務整理を行うにあたって「どこからどれくらいのお金を借りているか」は大変重要な情報です。
もちろん最も望ましいのは、借り入れている全ての業者の契約書や借用証書を用意することです。
さらに直近の取引明細もあると良いでしょう。
借り入れた日や、返済予定日、月々の返済額、金利などが分かる正式な書類があると話がスムーズになります。

 

もちろん、ずい分前から借り入れしていて、そういった書類が残っていないということもあるでしょう。
その場合は、思い出せる範囲でもいいので、メモ書きなどにまとめておきましょう。
出来るだけ正確な日時が分かった方が良いです。
また、借金の残額については、業者に尋ねれば教えてくれるでしょう。
もちろん「債務整理をするため」などと言う必要はありませんよ。

 

また、クレジットカードなどを持っている場合は、一緒に持って行きましょう。
クレジットカードのキャッシング枠の利用状況も分かるようにしておきましょう。

 

自分に関する情報

自分に関する情報は当然必要になりますよね。
氏名に住所、電話番号といった基本的なことに加え、家族構成なども重要になってきます。

 

さらに、収入と支出についても分かりやすくしておきましょう。
給与明細とともに、出来れば家計簿などがあった方が良いでしょう。
付けていなければ、毎月のだいたいの収入と支出をまとめておくと良いです。

 

また、所有する財産がある場合は一覧にしておきましょう。
住宅や車、預金や保険などについてなるべく正確に分かるようにしておきましょう。
ローンが残っているものがあれば、証書や返済状況を用意しておきましょう。

 

専門家に相談する時には

まず、第一に隠し事をしてはいけません。
債務整理は、場合によっては裁判になるようなこともあります。
隠していた事実が後から判明すれば、裁判で不利になるどころか敗訴する可能性もあるのです。
専門家には守秘義務があります。
例え無料相談の場であっても、そこで得た情報を依頼業務以外で漏らすことはありません。
心配せずに全てを包み隠さず打ち明けることが大切です。
専門家は、その上であなたにとって最善の解決方法を見付け出そうとしてくれるのです。

 

 

 


このページの先頭へ戻る