借金に時効ってあるの?

長いこと借金を返し続けていると、ちょっとへこたれそうになってしまうこともありますよね。
「毎月毎月返済しているのにちっとも借金自体は減っていかないし、利息って何でこんなに高いんだろう・・・。」
そうこうしているところへ突然の出費。
「また新たに借金をしないと今月は生活出来ないよ・・・。」
まるで抜け道の無い迷路に迷い込んでしまったような気分になってしまいます。

 

そんな時「ああ、借金にも時効がないのかなぁ?」
「返済せずに放っておいたらいつか忘れてくれるのでは?」
そんなことまで考えてしまいます。

 

しかし・・・実はあるのです!
借金にも時効が。

 

借金の時効について

「貸金業者から借りた場合の借金の消滅時効は5年」です。
「えっ!5年経ったら返さなくてもいいの?」
いや、ちょっと待って下さい。
借金の時効が成立するには数々の条件がクリアされなければなりません。

 

まず、どの時点から5年とみなすかを説明します。
おおよそ以下の通りです。
・返済期日を定めない契約の場合
一度も返済しなかった場合は、契約日の翌日から数えて5年。
一回以上返済した場合は、最後の返済日の翌日から数えて5年。

 

・返済期日を定めた契約の場合
一度も返済しなかった場合は、最初の返済予定日の翌日から数えて5年。
一回以上返済した場合は、最後に返済した次の返済予定日の翌日から数えて5年。

 

こう見ると、簡単に時効になってしまっていると思えますよね。
しかし、そう上手く事が運ぶ訳がありません。
時効が成立するには、「時効の中断事由が発生していないこと」と「時効の援用手続きを行うこと」が必要となってきます。

 

・時効の中断事由
時効が中断する事由には以下があります。
1.請求
貸した側が請求するだけで時効のカウントは中断します。
具体的には支払督促をしたり、和解や調停の申し立てをしたり、裁判を起こした場合なども時効のカウントは一からになります。
たいていの業者では支払が滞っていると督促してきますよね。

 

2.差押え、仮差押え又は仮処分
債権者が債務者の財産について、差押えや仮差押えまたは仮処分の手続きを行った場合も、時効のカウントは一からになります。

 

3.承認
借りている人が借金の存在を認める行為を行った場合も、時効のカウントは一からになります。
例えば、借金の一部を返済するようなことも、借金の存在を承認しているということになります。

 

このように時効はあっさりと中断されてしまいます。
まず、通常の貸金業者であれば、時効が成立することは無いと思った方がよいでしょう。

 

・時効の援用手続きについて
もし一定期間借金の返済をしておらず、時効の中断事由が何も無かった場合には、「時効の援用手続き」をすることが出来ます。
この手続をして初めて、借金を支払う義務が無くなるのです。

 

債権者に対して「時効が成立しているので借金は返済しません」という意思表示をします。
具体的には内容証明などで文書を送る、ということなどになります。
ここまでして初めて、借金の支払義務が無くなります。

 

 

 


このページの先頭へ戻る