奨学金だって、借金です

専門学校在学時に、奨学金を借りていました。

 

私はもともと予備校で大学進学を目指していたのですが、体を壊して試験を受けることが出来なくなり、一年間を棒に振るったという経緯があります。当時、頑張って学費を捻出してくれた両親には本当に迷惑をかけたと思っています…。

 

そんなわたしも、何とか社会に出ていけるように、専門学校で資格取得を目指すことになりました。

 

しかし、専門学校でかかるお金も相当なものです。これまでかなり多くのお金を使ってきていたので、家計もかなり苦しく、ここで初めて奨学金にお世話になることになりました。

 

今は無事に学校を卒業して目当ての資格も取ることが出来ました。仕事も資格を生かせる職についています。

 

学校に行くための手助けをしてくれた奨学金制度には本当に感謝をしています。

 

しかし、それとともに後悔もあります。

 

当時、私はまだお金のありがたみをほとんど理解できていなかったと思います。あればあるだけ使っていましたし、無ければ借用金額を増額すればいいと思っていました。奨学金は学生のための支援制度なんだから、ちゃんと勉強していれば借りてもいいよね、とバカな考えでひと月3万円から最終的には7万円程度まで増額してしまいました。

 

これが今になって自分の首を絞めています。もう少し慎重に動けなかったのかと思うのです。

 

当たりまえのことですが、奨学金は借金です。いずれは自分で返さなければなりません。家庭を持ってコツコツ節約して貯金をしている今、月々支払うこの額が本当に重いです。

 

私は第二種を借りたので利息もかかります。今はいかに早く繰り上げ返済するかを考えています。

 

奨学金には本当に感謝していますが、どんな形にせよ、借金はしないにこしたことはありませんね。

 

 

 


このページの先頭へ戻る