過去に借金を完済しているのですが、過払い請求出来るの?

過払い請求について

過払い請求というと、現在借金に困っている人が頼るもの、というイメージがありませんか?
確かに任意整理の際などに過払い金を請求して、借金の額を大幅に減らす例が多いです。
現在利息の返済にも困っているような人にしてみれば、非常に頼りになる存在ですよね。

 

しかし、本来過払い請求というものは、借金を完済した人こそ利用するべき制度なのです。
任意整理などで過払い金を請求するのは、「借金を返せる額にしたいので諸々宜しくお願いしたい」といった相談の一環になります。
しかしグレーゾーン金利だろうが何だろうが、言われるままに利息を支払い、見事に完済した人は、大手を振って過払い金を請求することが出来るのです。
「言われた通りに払ったのに法律違反だったんだから返して下さいな」と言うことが出来るのです。

 

消費者金融に過払い金を請求出来る人権利がある人は、全国で500万人以上もいるともいわれています。
もしあなたが過去に借金を完済した経験があるのであれば、そこに過払い金が発生している可能性は大いにあるのです。
是非、一度見直しをしてみることをおすすめします。

 

完済後の過払い請求は急ぎましょう!

過払い金の返還を請求することは正当な行為ですが、期限が決められていることをご存知ですか?
様々な法律に時効があるのと同じで、過払い請求にも時効があります。
過払い請求出来るのは、
「最後の返済が終わり契約が終了してから10年以内」
と定められています。
これを過ぎると請求することが出来なくなってしまいますので、「ずい分前に完済したなぁ」という人は少し焦ってもよいでしょう。

 

さらに早めの過払い請求をおすすめするのには理由があります。
現在世間では過払い請求をする人が非常に多くなっています。
こうなると辛いのは貸金業者の方ですね。
ただでさえ景気の良い世の中ではないのに、過払い金はそのままマイナスとなってしまう支出です。
武富士の例を挙げるまでもなく、どこの業者も経営は苦しくなっています。

 

もしあなたの過払い金を抱えたまま、その業者が倒産でもしてしまったら・・・。
二度とそのお金を取り戻すことは出来ないのです。

 

過払い金の有無を調べるには?

ではどうやって自分に過払い金があるかどうか調べればよいでしょう。
一番簡単なのが、専門家におまかせしてしまうことです。
過払い金を確かめるには、各業者に取引履歴の開示要求をし、さらに全ての取り引きを利息制限法に基いて計算し直さなければなりません。
素人ではちょっと大変な作業になります。
専門家であればこういった作業を簡単に済ませてくれます。
面倒な業者とのやり取りをする必要もないのです。

 

また、借金問題に詳しい事務所であれば、無料相談をするだけで過払い金の有無がある程度分かるでしょう。
まずは相談だけしてみるのも得策ですよ。

 

 

 


このページの先頭へ戻る