借金と浪費癖は治らない?

よく、「借金を繰り返す人は必ず再び繰り返す」といわれています。
「借金は病気のようなもので一生治らない」とまでいわれることもあります。

 

確かに普通の人は借金をしても必ず返済しています。
というより返済出来る額の借金しかしない、と言った方が正しいでしょう。

 

借金を繰り返す人は、やっかいなことに浪費癖のある人が多いです。
中には本当に生活上での不運が続いて借金を重ねてしまう人もいますが、割りとまれな存在です。
多くの人が「つい買ってしまった」り、「どうしても欲しかった」という理由で浪費をしてしまうのです。
また、パチンコなどのギャンブル癖も浪費にカウントされるでしょう。
こういった人は一度や二度痛い目にあっても、一瞬は反省するものの、すぐにまた新たな浪費を始めてしまうのです。

 

手元に現金があると、つい使ってしまいたくなりませんか?
物を買う時に本当にそれが必要かどうか真剣に考えてから買っていますか?
借金や浪費を繰り返す人は思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

 

借金と浪費癖を治すには

周りに借金と浪費癖がある人がいる場合です。
まず本人の意識が変わらなければ改善することはないでしょう。
しかし、人の性格はなかな変えることの出来ないものです。
まずは、周りから攻めるのも手です。

 

借金を繰り返す人の特徴として、周りに援助してくれる人がいるということが多いです。
とにかく借りる時の手筈だけは長けていますので、つい少額なら貸してしまうという人も多いのです。
これは増々借金癖を増長させてしまいます。
「食べるお金が無い」「借りれなければ死んでしまう」などはよく使われる口上です。
しかし、実際にはお金が借りられなくとも何とかなるのです。
本当に困っているようならば、食べ物をごちそうしてあげましょう。

 

さて、自分が借金をしてしまっている人の場合です。
もちろん決意を持って自らの生活を正すことが出来れば良いのですが、なかなか誘惑には勝てませんよね。
さらに、既に多額の借金を抱えてしまっているのであれば、生活自体は切り詰めてしまっている人も多いと思います。
こうなったら、思い切って債務整理をしてしまいましょう。
今後も返済することが難しいと思うのであれば自己破産でもいいでしょう。

 

債務整理をすることによって、信用情報に記載が残ります。
そうなると新たな借金をすること自体が難しくなります。
現在ある借金も整理し、新しい生活では”借金が出来ない”という状態にしてしまうのです。
専門家に債務整理をした時点でキャッシングカードなどは使えなくなります。
形からでも借金が出来ない状態になることは、借金癖を治す良策となりますよ。

 

そして、晴れて借金の無い生活を迎えると、いかにお金が大切なものか分かってくると思います。
限られたお金で生活することで、本当に自分にとって必要なものが何か分かってきますよ。

 

 

 


このページの先頭へ戻る