パートやアルバイトでも借金の整理は出来る?

パートやアルバイトの人の借金整理

借金の整理=債務整理をする際に、パートやアルバイトといった職業は関係ありません。
基本的にどんな人でも債務整理をすることが出来ます。
むしろパートやアルバイトといった収入の安定しない人ほど、借金の問題で悩んでいる人は多いのです。
実際に債務整理をする人の多くは、安定した仕事が無かったり、無職であったりという人なのです。

 

債務整理に職業の制限はありませんが、少し注意が必要な場合がありますので覚えておきましょう。

 

個人再生について

個人再生法は借金を減額し、その後3年程度で返せる額にする制度です。
この個人再生法を適用するには、将来に渡り一定の収入を見込めるということが条件となってきます。
期間雇用などで、継続的な雇用が見込めない場合は個人再生法を利用するのが難しい場合があります。
ただし、安定した一定の収入があれば大丈夫です。
判断が難しい場合は弁護士や司法書士などの専門家に相談した方が良いでしょう。
場合によっては自己破産を利用した方が良いケースもあります。

 

銀行口座について

銀行からのローンなどを整理する場合、その銀行の口座は凍結されます。
もし給与などの振り込みに使用している口座の場合、振り込まれても引き出すことが出来なくなりますので注意しましょう。
銀行からの借り入れがある場合の債務整理には気を付けましょう。

 

自己破産の場合

債務整理をしたからといって職場に分かるようなことはありませんが、自己破産の場合には注意が必要です。
自己破産をすると制限される職業があります。
弁護士・司法書士のような士業、保険・証券の外交員、警備員などの仕事は出来なくなります。
特にアルバイトとして警備員をしている人も多いでしょう。
自己破産と共に職を失うことにもなりかねません。

 

費用の問題

パートやアルバイトの方の場合は、特に弁護士や司法書士にかかる費用が気になるところだと思います。
もちろん正社員でなくとも弁護士や司法書士に依頼することは出来ます。
しかし代理人を依頼するにはやはり費用がかかります。
まずは無料相談を利用して正直に相談してみましょう。
借金の内容にもよりますが、費用をまかなえるほどの過払い金が発生していることもありますよ。
分割払いに対応してくれる事務所も少なくありません。
お金に困っている事は充分承知してくれていますので、正直に相談することが大切です。
また、どうしても費用が出せない人は法テラスを利用するという手段もあります。

 

 

 


このページの先頭へ戻る