親や兄弟の借金相談 | 家族が作った借金の解決方法は?

親や兄弟が借金を作ってしまって、「返済が難しくなった」と相談された場合、もちろん、助けてあげたいと思うでしょう。しかし、家族が作った借金を肩代わりするとなると、話は別です。そんな義務まであるのでしょうか?

 

ここでは、家族が作った借金をどこまで負う義務があるのか、どうすれば解決へ持っていけるのかを、詳しく解説していきます。

 

親や兄弟、配偶者が借金していたら?

返済計画を立ててから借りる人は、返せなくなることなどほとんどありません。つまり、借金を返せなくなる人というのは、残念ながら「返済計画がない」人です。

 

そのため、「借金を返せない」と相談を受けたときは、その借金を背負うか、完全に突き放すかの二者択一になってしまうことが往々にしてあります。

 

しかし、相談者が、親や兄弟、夫や妻だった場合は、突き放すわけにはいかないでしょう。けれども、自分にも生活がありますので、すべての借金を肩代わりすることもできません。

 

それに、「肩代わりしなければならない」と考えると、今度は自分が精神的に追い詰められます。だから決して、深く思いつめないでください。

 

家族の借金でも、肩代わりする必要はあるの?

そもそも、借金の返済義務を負うのは、原則として本人のみです。(もちろん、保証人になっている場合は、保証人にも返済義務があります)

 

ですから、家族であっても肩代わりする義務はないのです。

 

まずは、その点をしっかりと理解しておきましょう。もし、借金取りが「子供の借金なんだから親が責任を持て」などと言っても、きっぱりと断ることに法律上問題はないのです。

 

もう少し詳しく説明しましょう。

 

子供や兄弟の借金

息子や娘の借金については、親には返済義務は一切ありません。

 

ただ、親には扶養義務があります。そのため、子供の生活を維持するだけの援助をしなければいけません。その点が、返済の一部を負っているのと同義になりますので、「親が子供の借金を肩代わりするのは当たり前」という話になることがあるわけです。

 

しかし、肩代わりする義務は一切ないことは憶えておきましょう。

 

子供の借金を「親が肩代わりする」のか、「本人に払わせる」のか、「債務整理を勧める」のかは、親の判断によるのです。

 

兄弟の借金についても同様です。ただし、兄弟の場合は立派な大人ですので、自分で対処できるように協力していくことになるでしょう。

 

親の借金

祖母

父親や母親、祖父や祖母などが借金を作った場合も、子には返済義務はありません。

 

しかし、問題は親が借金を残したまま亡くなってしまった場合です。その場合、借金は子供に相続されます。

 

つまり、借金も相続財産の一部なのです。相続というのは、被相続人のプラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継がなければいけないもので、プラスだけを引き継ぐことはできないのです。

 

そのため、借金を負いたくなければ、プラスの財産も含めてすべての財産を放棄する「相続放棄」をしなければいけません。(実際には、相続した財産の金額まで借金を相続する「限定承認」という方法もあります)

 

そのため、後々のことを考えると、親の借金については早めに整理できるように協力したほうが無難です。

 

配偶者の借金

配偶者の借金については、借金の原因によって扱いが変わります。

 

もし、遊びやギャンブル、買い物などで作った借金であれば、本人以外に返済義務はありません。

 

しかし、生活費や住宅の購入などが原因の借金は、家族の借金として扱われます。そのため、一定の割合の返済義務が生じるのです。つまり、夫婦が一緒になって、返済しなければいけません。

 

仮に、借金を免れるために離婚したとしても、上記のように借金の性質によっては返済の義務が生じることになります。(もちろん、ギャンブル中毒の夫と離婚すれば、義務は生じません)

 

肩代わりしなくても、協力できることはある

手を差し伸べる

「肩代わりする義務がない」わけですから、「相談されても放っておく」ことで罪に問われることはないでしょう。

 

しかし、相談されたのにそのまま放っておくのは、心が痛む人が多いと思います。

 

だからと言って、肩代わりできるような借金ではない場合、どうしても一緒に悩んでしまいます。しかしそこで一緒に悩むのではなく、解決する方法を冷静に考えていきましょう。

 

借金を背負った家族のために、次のようなことができるはずです。

 

・借金の詳細を調べて、金額を明確にする
・本人の収入と支出を調べる
・司法書士や弁護士を探す

 

少し詳しく説明していきます。

 

1. 借金の詳細を調べて、金額を明確にする

借金を負った相談者は、すでに冷静な判断力を失っていることが多いです。(相談してくるだけ、まだ冷静だとも言えますが)そのため、実際に自分がどれくらいの借金をどこからしているのかを正確に把握していないことがほとんどです。

 

これから借金を返済していくにあたって、どこにいくら返せば良いのかが分からなければどうしようもありません。まずは、その金額を明確にしましょう。

 

相談されたからこそ、借金を明確にする必要があるのです。

 

2. 本人の収入と支出を調べる

借金額が分かっても、それだけでは返済できません。返済するための原資がどの程度あるかを調べなければいけません。その基本は、借金をしている相談者の収入です。そこから、相談者の支出を差し引いた額が返済可能な金額になるわけです。

 

もし、この時点で無駄な支出があれば、相談者を諭さなければいけません。相談者が無駄な支出をしていては、借金の完済などできません。

 

3. 司法書士や弁護士を探す

最後に、信頼できるプロ(司法書士や弁護士)を探しましょう。もちろん、相談者も探しているかもしれませんので、一緒に探すようにしてください。

 

ここまでに集めた情報(借金額、収入、支出)をプロの目で確認してもらえば、これから先の明確な道筋を教えてもらえます。

 

このまま頑張って完済を目指して返済を続けるのか、このままでは到底返せないので、債務整理を行うほうが良いのか、という判断は素人にはなかなか難しいものです。

 

それに、もしかしたら過払い金もあるかもしれません。司法書士や弁護士であれば、そういった可能性の判断ができるのです。

 

プロ(司法書士や弁護士)の力を借りる

弁護士

司法書士や弁護士でも、もちろん得意不得意はありますので、過払い金請求など債務整理に強い人を探さなければいけません。

 

ネットの口コミや、知り合いに尋ねるのもいいでしょう。「法テラス」などの公的機関で紹介してもらうほうが、安心できるかもしれません。

 

彼らに相談するにあたっては、上述の借金額や収入と支出というのはとても重要な情報になります。これらの数字が正しければ、それだけ正確な動きをとって、早く解決することができるのです。

 

しかしもちろん、これらの数字の裏を取りに行くのも彼らの仕事ですので、厳密に正しい情報ではなくてもかまいません。それらをもとに、どう動くべきかが判断できるだけでも全然違います。

 

司法書士や弁護士も一緒になって考え、解決へ尽力してくれることでしょう。

 

家族からの借金の相談というのは、どうしても身内だけで処理しようとしてしまいがちです。しかしそれでは、解決から遠のいてしまう可能性もゼロではありません。

 

本当に借金を背負った家族のことを考えているのであれば、プロの力を借りるべきなのです。

 

まとめ

・家族であっても、原則として返済義務はない(保証人にはあります)
・借金の金額と債権者を明確にすること
・収入と支出を明確にし、支出を見直すこと
・プロ(司法書士や弁護士)の力を借りること

 

 

 


このページの先頭へ戻る