任意整理のメリット・デメリット

任意整理について

借金の整理をする人の中でも、一番多くの人が行なっているのが「任意整理」です。
他の債務整理と比べてデメリットが少なく、敷居の低い方法といえるでしょう。
多額の債務がある人でも、任意整理をすることによって容易に返済することが出来る借金にすることが出来ます。

 

任意整理することによるメリットとデメリットを比べてみましょう。

 

任意整理のメリット

まず何といっても裁判所を通さない整理方法であることがいえるでしょう。
もちろん官報にも載りませんので、第三者に知られるようなこともありません。
債権者(貸金業者など)との間に弁護士や司法書士が入ってくれますので、直接的なやり取りをする必要もありません。
債務者(お金を借りている人)にとって、最も負担の少ない債務整理の方法でしょう。

 

また、任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、その時点で債権者は債務者に直接取り立てをすることが出来なくなります。
すでに日々の取り立てに悩まされている人にとって、大きな精神的メリットとなることでしょう。

 

任意整理することによって返済しやすい借金に変えることが出来ますが、将来的にも利息がカットされるメリットがあります。
もちろん今まで支払っていた過払い金なども取り戻すことが出来ます。

 

さらに、自己破産個人再生と違って、任意整理後も資格が制限されることはありません。
今まで通りの生活を送ることが可能です。

 

意外と見落としがちなメリットですが、任意整理は整理する債権者を選ぶことが出来ます。
つまり、お金を借りている相手を選んで整理することが出来るのです。
業者以外でも、知人などの個人からお金を借りている人も多いと思います。
任意整理ではそういった人に迷惑をかけることなく、借金を整理することが出来るのです。

 

任意整理のデメリット

一番大きなデメリットは個人信用情報に記録が残ることでしょう。
具体的な期間は各信用情報機関によっても違いますが、だいたい7年程度は任意整理したことが分かるようになっているといわれています。
これは整理後の借金を返済してからの期間になります。
しかし、信用情報に記載があったからといって、私生活にそれほど影響があることは少ないです。
新たな借金がしづらくなるという事くらいでしょう。
普通に分割でショッピングする程度には影響がないようです。
不安な方は弁護士や司法書士などに相談してみると良いでしょう。

 

また、業者によっては任意整理に応じない場合もあります。
このためにも整理を依頼する専門家は、借金問題に強いところに依頼するのが良いでしょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る