債務整理後どれくらいでクレジットカードが作れる?

債務整理後のクレジットカード作成について

債務整理をしたのであれば、新たな借金などせずに堅実な生活を送ることを目指していることと思います。
しかし、「クレジットカードを持ちたい」という人は多いことと思います。
ご存知のように今は様々な場所でクレジットカードを使うことが出来ます。
さらにはクレジットカードが無ければ利用出来ないようなサービスも存在したりしますよね。
キャッシングは利用しなくても、一枚は持っておきたいと思うのも当然でしょう。

 

しかしクレジットカードの作成には審査があります。
カード会社によって審査基準は様々ですが、過去の債務整理はネガティヴな情報として扱われることは確実でしょう。

 

債務整理の信用情報への記載期間について

債務整理の方法や信用機関によって記載される期間が変わってきます。
代表的な信用機関の具体例をあげておきます。

 

○全国銀行個人信用情報センター
・自己破産・個人版民事再生
開始から10年
任意整理
特に登録項目なし

 

○日本信用情報機構
・自己破産・個人版民事再生
申し立て日あるいは確認日から10年
・任意整理
5年

 

○CIC
・自己破産
「異動」として5年
・個人版民事再生・任意整理
特に登録項目なし

 

(※これらの期間は変更になる場合があります。確実な情報は各情報機関に問い合わせると教えてくれます。)

 

クレジットカードを申し込むと、信販会社は信用機関の情報を参照しますが、どの機関の情報を参照するかはその会社がどの機関に加盟しているかによって違います。
(多くのクレジット会社はCICに加盟しています。)
さらにこれらの信用機関で情報を共有していますので、5年〜10年は債務整理の記録が残ると思っておいた方がよいでしょう。

 

信用情報に債務整理の記載があってもクレジットカードが作れる?

しかし、信用情報に債務整理の記載があるからといって、必ずクレジットカードの審査に落ちるという訳ではありません。
ここは各クレジット会社の審査基準次第ということになります。
俗にいう”審査の甘い”クレジットカードなどもありますし、現在の収入状況なども加味されることでしょう。
単純に信用情報のみで判断されないので、債務整理後であってもクレジットカードが作れることもあります。

 

ただし、注意しておきたいことがあります。
「クレジットカードを申し込んだ」という情報も、信用情報には記載されるのです。
審査に通れば良いですが、落ちた場合は「申し込んだ」という情報だけが残ってしまいます。
そして一時期に申し込みが続いている場合、「お金に困っている」とみなされ、さらに審査に通りづらくなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

もし自分の信用情報に不安がある場合は、各信用情報機関に開示してもらうことが出来ます。
しっかりと確認してからクレジットカードの申し込みをした方が賢明かもしれませんよ。

 

 

 


このページの先頭へ戻る