個人再生のメリット・デメリット

個人再生について

個人再生は正しくは「個人債務者再生手続き」といいます。
以前から企業などが再生法を利用することは多かったのですが、個人の債務者であっても利用出来るようにと2001年にスタートした、比較的新しい制度です。
一般的な馴染みはまだ少ないですが、他の債務整理に無い利点も多い制度ですので、概要を覚えておくのも良いでしょう。

 

基本的に再生法は借金を大幅に減額し、その後3年程度を目安に返済していくことを目的としています。
そのため再生法を受けるためには、”将来において一定の収入を見込める人”という条件が付くことになります。
また、住宅ローンなどを除く債務の合計が5000万円以下でなければならないという条件もあります。

 

再生法の大きな特徴が、住宅などの財産を維持したまま借金を整理出来るところにあるでしょう。
自己破産では借金は無くなりますが、財産は基本的に没収されてしまいます。
再生法では住宅ローン特別条項というものが設けられており、住宅などを維持したまま他の借金を整理することが出来ます。
ただし、当然住宅ローン自体はそのまま返済していく必要があります。

 

個人再生のメリット

何といっても住宅ローンの残っているような自宅でも、手放す必要がありません。
同じように保険や自動車といったものも手放さなくて大丈夫です。
現在の自分の生活を維持したまま、借金だけを返済出来る額にまで減額することが出来ます。
基本的には5分の1までカットされます(ただし最低金額は100万円)。

 

さらに自己破産のような資格の制限がありません。
また、免責不許可事由もありませんので、ギャンブルや浪費が理由の借金であっても整理することが可能です。

 

再生法の申し立てをすれば、債権者は請求をすることが出来なくなります。
もちろん弁護士などの専門家に依頼した時点でも取り立てが止まります。

 

再生法のデメリット

官報にも記載されますし、個人信用情報にも5〜7年程度記録が残ります。
新たな借金やローンを組むことは難しくなります。

 

また、任意整理のように一部の債権者だけを除外することが出来ません。
知人などに借金がある場合は、同じように整理の対象となってしまいます。
当然その人には迷惑がかかることになってしまいます。

 

さらに、再生法の手続きは数ある債務整理の中でも最も手続きが煩雑になってきます。
個人での整理は非常に難しいでしょう。
再生法を利用するのであれば、専門家の助けを借りるべきでしょう。
この際、借金問題に慣れた専門家を選ぶことが、スムーズな解決の秘訣となってきます。

 

 

 


このページの先頭へ戻る