国家資格が無い人が債務整理を代行出来る?

債務整理を謳った業者について

借金に苦しむ人も多い上に、長引く不況や雇用の不振から、債務整理を考える人は増々増えているようです。
そうなると様々な人が群がってくるのが世の中の常です。

 

以前から借金問題を扱う「整理屋」や「示談屋」と呼ばれる人たちが存在していました。
しかしそういったところを利用するのは、徹底的に困窮し、闇金や悪徳業者などに手を出してしまった人が多かったのです。
もちろん中には本当に整理してくれる場合もあるでしょうが、ほとんどが多額の整理費用・示談費用を要求し、依頼した人は元通りの返済生活を送ることになってしまっています。
けれどこういった業者は”いかにも”な雰囲気を持っていましたので、一般の人はまず避けることが出来ていました。

 

それが最近は、見た目は信頼出来そうな業者が増えてきているのです。
「クレジットカウンセラー」とか「ローンアドバイザー」などと名乗り、借金の問題を解決しましょう!と持ちかけてくるのです。
はて?本当にこういった業者に相談すれば借金の問題が解決出来るのでしょうか?

 

債務整理を出来る資格について

債務整理というのは、債務者に代わって債権者と交渉を行ったり、代理人として裁判所に出廷しなければなりません。
当然こういった行為をするためには国家資格が必要です。
具体的には弁護士と司法書士です。
司法書士の場合は認定司法書士である必要があります。

 

つまり「クレジットカウンセラー」とか「ローンアドバイザー」というのは何ら実際の整理を行う資格の無い人達なのです。
もちろん「こういった債務整理の方法がある」とか「自分で債務整理をするお手伝いをします」といった役割をするでしょう。
しかしこういったことは弁護士や司法書士に借金の相談をすることで済むことです。
何なら、このページの様なインターネット上の情報でも済むことなのです。
さらに具体的な債務整理のアドバイスなどは、弁護士や司法書士以外が行うと法に触れる場合もあります。
何となくグレーな業種と感じてしまいますね。
けれど、しっかりと費用は発生します。

 

債務整理の代行を依頼するなら注意を!

もちろんこういった業者の中には、良心的なところもあるかもしれません。
債務整理はやり方さえ勉強すれば自分でも出来るものでもあります。
全ての手続や交渉は自分で行い、それに対する的確なアドバイスを受ける、といった目的であれば利用価値があるでしょう。
しかし実際に行動するのは自分ですし、どういった方法が法律的に最適かといったことになると法律の専門家でなければ分かりません。

 

もし一番良い方法で、わずらわしさも無く債務整理したいと思うのであれば、最初から弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。
私たちの代わりに全ての債務整理を行ってくれるのは、弁護士や司法書士以外にはいないのです。

 

 

 


このページの先頭へ戻る