気軽に借りれるカードローンで失敗

数年前、ちょうど派遣先の契約期間が終わりに近づき、延長しようかどうか迷った結果、契約を終えて次の派遣先を探すことにしました。

 

派遣先をやめたすぐ直後、リーマンショックが起こり、本当に派遣業界では求人が激減し、数か月の間無職となってしまいました。

 

そのときちょうど歯の治療も重なって、生活費と治療のお金が必要になり、カードローンでお金を借りました。

 

最初は3万、次の月も仕事が見つからず、5万、10万と借りてしまい、気が付けば50万ほどの借り入れになってしまい、銀行のATMかから気軽に借りられるため、本当に自分の口座から引き出すような感覚になってしまうのが怖いです。

 

数か月後、ようやく次の派遣先が見つかったのですが、以前よりも時給が低い仕事しか見つからず、前職より月給が8万円ほど収入が減っていました。
さらに数か月、数万円を借り続けて1年ほどたった後、元の給与に近い金額の仕事につけることになりましたが、そこから返済していくのが本当に大変でした。

 

通常の仕事の他に、夜から別のアルバイトをして収入を増やし、ようやく返済しました。
その間はWワークでくたくたになり、働いている割に買いたいものも買えない日々が1年以上続きましたが、いい勉強になったと思います。

 

今思うと、我ながら本当によく頑張って働いたと感心してしまいます。

 

今は仕事も安定して、カードローンでお金を借りることもありませんが、以前のようにあるだけ使ってしまう生活を改めて、余裕のあるうちに貯金をコツコツ頑張っています。

 

 

 


このページの先頭へ戻る