借金を隠して結婚出来る?

結婚と借金問題

近頃はなかなか結婚出来ない、しない人が多いという調査結果などをよく目にするようになりました。
以前とは違い、結婚する人でも晩婚の傾向にもあるようですね。
中には「結婚という制度自体に魅力を感じない」という「結婚しない」主義の人も増えてきてはいますが、やはり「結婚したくても出来ない」という人が多いようです。
そのため、カップリングパーティーやお見合い合コンのような企画も盛況のようです。
自治体が主導して出会いの場を提供する「街コン」のような企画も好評ですね。

 

そういった結婚したい人の中でも、借金があるために結婚に踏み切れないという人が多くいらっしゃいます。
確かに相手の経済状況は、結婚して家庭を持つという段階では大きなポイントになってきます。
いくら年収が高い人であっても、それ以上の借金を抱えているのであれば、結婚相手としては不安を抱いてしまいますよね。

 

現在借金を抱えていて、結婚に対して悩んでいる人は、どんなことに悩んでいますか?
「相手に借金の事がバレたら結婚出来なくなるかもしれない」
「結婚した後の生活に影響が出てしまうのでは?」
「子どもが出来たらさらにお金が必要になるはず。借金を返すことが出来るだろうか?」
様々な悩みがあるようですが、多くの方が出来れば結婚する相手には借金の事を打ち明けたくないと考えているようです。

 

借金を隠して結婚するには?

まず、キチンと返済を続けているのであれば、借金を隠して結婚することは可能です。
もちろん給料などは自分で管理することが前提となりますが、月々の支払いが滞ることがなければ、隠し通すことも出来るでしょう。
(ただし、毎月の利用明細が自宅などに送られてくる人は、同居している人に隠し通すのは難しいかもしれません。)

 

難しいのは、すでに借金の返済が順調にいかなくなってしまっている場合です。
現在法律では、年収の3分1を超える借り入れは出来なくなっています。
逆にいうと、年収の3分の1を超える借り入れがある人は要注意と思ってもよいでしょう。
特に複数の貸金業者から借り入れをし、利息の返済だけで精一杯になっているような人は、結婚相手に隠すことなど考えない方が良いでしょう。
もしも結婚後にバレてしまえば、最悪離婚ということも考えられます。

 

もし、結婚を考えていて、借金で悩んでいるのであれば、結婚前に借金を整理することを検討してみてはいかがでしょう?
借金の整理方法には様々な方法がありますが、整理後に数年間は新たな借り入れが出来なくなることもあります。
こうなるとなおさら早い内に解決しておいた方が後々のためになります。
借金はキレイに片付けてから新たな人生を始めた方が、より良い生活を築きやすくなりますよ。
もちろんまだ相手がいない人は、今の内に借金生活とはサヨナラしておきましょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る