過去に任意整理をしていますが、再び任意整理することは可能ですか?

任意整理後の借金について

ちっとも景気は良くなりませんね。
不況も長引けばいつしか当たり前のような気さえしてきてしまいます。
大手企業であってもリストラなどは当たり前、給料カットやボーナスカット、私たちの収入はなかなか上向く気配がありません。
こういった状況の中で最近問題になっているのが、”任意整理後の借金”問題です。

 

バブル経済崩壊後、多くの人が任意整理を経験しています。
その後持ち直した人も多いでしょうが、変わらず厳しい生活を続けている人も多いでしょう。
そうなると再び借金をしてしまう人ももちろん出てきます。
過去の経験を教訓に、身の丈に合った借金をしていれば良いのですが、再び返済に行き詰ってしまう人も多いようです。
特にこの長引く景気の悪化に伴い、以前と同じように働けない人もいらっしゃいます。

 

任意整理をした後は、数年間に渡り個人信用情報に記録が残ります。
従ってその間は新しい借金を作る人は少ないでしょう。
信用情報の記録が消えてからも、以前任意整理をした業者からは新たに借りることは難しいかもしれません。
そうするとどんどんと借りることの出来る業者が少なくなってしまいます。
一番危険なのが、この状態から闇金などの違法な業者からお金を借りてしまうことです。
そのままではいつか自己破産してしまうしか道が無くなってしまいます。

 

任意整理後でも任意整理は出来ます

過去に任意整理したからといって、再び借金に悩んでいるであれば、もう一度任意整理をすることは出来ます。
任意整理には特に回数は制限されていませんので、違法な業者に手を出す位ならば、再び任意整理をすることを検討しましょう。

 

最近では弁護士や司法書士の事務所でも、「任意整理後の再和解」を手がけるところが増えています。
2回め以降の任意整理となると、和解に応じることを渋る業者も多いでしょう。
専門家の力を借りることが成功の秘訣だと思います。

 

「過去に任意整理したのに・・・」という恥ずかしいという気持ちもあるでしょうが、出来てしまったものは仕方ありません。
しかもこのご時世です。
人それぞれ様々な事情があることは専門家の方でも良く分かっています。
それよりも大切なのは、借金の無い本当の生活を取り戻すことです。
人生は長いのです。
一度や二度のつまづきなど大したダメージでは無いでしょう。
一刻も早く借金を整理し、再び人生をやり直しましょう。
そして、今度こそは借金をするようなことのないように気をつければ良いのです。

 

 

 


このページの先頭へ戻る