どの位の借金があれば自己破産出来るの?

自己破産にはどの位の借金があれば出来る?

自己破産」と聞くと非常に重い印象を受ける人が多いでしょう。
確かに社会的立場などを失うことも多く、自己破産手続きによって就けない職業も多くあります。
かなり大きな決断をしなければ出来ないものですから、さぞかし大きな金額の借金があったんだろうな・・・と考える人も多いでしょう。

 

しかし自己破産するのに、借金の金額はそれほど関係ないのです。
全ては「その人が返済することの出来ない金額かどうか」になります。

 

例えば年収1千万円ある人が100万円の借金を抱えたところで大したことは無いでしょう。
しかしこれが年収200万円の人だったら・・・。
ましてや無職の人だったらどうでしょう。
利息の返済さえも不可能になってしまうかもしれません。

 

自己破産はこのように個人の支払い能力に応じて判断が下されます。
借金を抱えたままリストラされてしまったり、事故や病気で働くことが出来なくなってしまった。
そういった人のために設けられた救済措置なのです。

 

もし貴方が自分では返済不可能なほどの借金を抱えてしまったのならば、人生をあきらめてしまう前に自己破産という制度について検討してみるのも良いでしょう。

 

自己破産は最後の砦

このように借金の額には関係なく、自己破産をすることは出来ます。
しかし実際には、自己破産をしただけでは借金はチャラにはなりません。
借金を返さなくてもよいのは「免責決定」が降りてからです。
免責決定とはその名の通り「借金を支払う責任を免除します」という裁判所の判決になります。

 

自己破産による免責は債務整理の最終手段です。
お金を貸してくれた人全てに迷惑をかける行為なのです。
当然、贅沢品を買い物してしまったとか、ギャンブルで使ってしまったなどという理由では、借金の免責はされません。
第三者から見ても納得出来る理由があって、借金の返済が不可能になってしまった人のためにある制度なのです。

 

免責になるかならないかは素人では判断の難しいところでもあります。
もし自己破産を考えているのであれば、弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。
一定の収入があるのであれば、任意整理で解決することも出来ますし、最近では過払い金の返還事例も増えています。
自己破産することなく借金を無くすことも出来るかもしれません。
自分の手に負えない借金で悩んでいるのならば、借金問題のプロに相談するのが解決の近道になります。

 

 

 


このページの先頭へ戻る