弁護士と司法書士ってどう違うの?

借金の整理を依頼するのなら弁護士?司法書士?

借金の整理、債務整理を請け負ってくれるのは、弁護士と司法書士があります。
同じ士業ですので、似ているように思われがちですが、意外と相違点があります。
自分の借金の整理にはどちらの方がより適切かを見極めるようにしましょう。

 

大きな違いについて

弁護士と司法書士で、まず絶対的に違っているのが、扱える案件の制限です。
弁護士は大小や、民事・刑事事件にかかわらず、どんな案件でも扱うことが出来ます。
一方で司法書士の場合、金額が140万円以下の民事事件のみしか扱うことが出来ないという制限があります。
裁判所といっても様々な種類があるのはご存知ですか?
小さな案件を取り扱う簡易裁判所から、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所と色々な種類があります。
弁護士であれば、どの裁判所であってもあなたの代理人として相手方と戦うことが出来ます。
しかし、司法書士が扱えるのは簡易裁判所の案件のみになります。
さらに、司法書士の中でも「認定司法書士」という一定の研修を受けた人のみがこういった案件を扱うことが出来るのです。

 

そもそも司法書士の本来の仕事は登記業務になります。
簡易裁判所での案件は扱うことは出来ますが、刑事事件になると一切取り扱うことが出来ません。

 

債務整理の場合

では、債務整理をする上で、弁護士と司法書士ではどういった違いが出てくるでしょうか?
まず費用の違いがあるでしょう。
一般的には、司法書士の方が弁護士より費用が安めであることが多いでしょう。
これは、借金問題に悩んでいる人にとっては大きな問題ですよね。

 

しかし、例えば請求する過払い金が140万円を超える場合などは、司法書士では扱うことが出来なくなります。
また、和解に至らず、簡易裁判所で争った結果、上訴されるようなことになると、地方裁判所以上は弁護士でなければ争うことが出来ません。
強固な債権者やややこしい訴訟の場合、司法書士では扱えなくなってしまうということもあります。

 

もし明らかに自分の案件は難しそうだと思うのならば、始めから弁護士に依頼する方が良いでしょう。
しかし、一般的な債務整理の場合、司法書士で扱えないケースに発展することはまれです。
ならば費用の面を考えても、司法書士に依頼する方が良いかもしれません。

 

実はこの判断自体が、素人では難しかったりするのです。
それぞれの借金の状態によって予想される案件は様々です。
まずは、弁護士でも司法書士でもいいですが、無料相談を受けてみることをおすすめします。
弁護士事務所や司法書士事務所は、悪徳業者ではありません。
素直に自分の場合はどういった方法で整理した方が良いのか、司法書士でも扱える案件なのか、ということを聞いてみてしまいましょう。

 

 

 


このページの先頭へ戻る